立川市の内科クリニック,循環器内科・呼吸器内科
・生活習慣病の専門治療,風邪・睡眠時無呼吸症候群 
・頭痛などの一般内科治療,予防接種,市民健診
については是非当院にご相談ください。土曜も診療。
東京都立川市高松町3-28-7
採用情報お問い合わせ

立川市 片頭痛・緊張性頭痛|たちかわファミリークリニック

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

片頭痛・緊張性頭痛

Contents
mobileF.C.東京ホームページ
Google

WWW を検索
tachikawa-fc.jp を検索
ホーム»  片頭痛・緊張性頭痛

いわゆる“頭痛持ち”のツラさ

偏頭痛・緊張性頭痛

頭痛の訴えがあって受診される方は、当院でも多くいらっしゃいます。
原因はさまざま。
たとえば風邪の症状として出現するケースは、よくある話。
この場合はもとの病気である風邪が治れば、頭痛も自然と治まります。

たとえば脳卒中やくも膜下出血が原因であれば、ただちに手術的な処置が必要となり、治療が成功すれば頭痛は治まります。
ところが・・・

いわゆる「片頭痛」とか「緊張性頭痛」などと呼ばれている、他に基礎となる病気がなくて、頭痛そのものが病気として出現するケース。
これはヤッカイです。

頭痛のつらさから、カラダを起こすことができない。座る姿勢ですら困難なこともあります。
不用意に動くと、痛みが強くなって、はき気をもよおし吐いてしまうことも・・・。
いつもの部屋の明かりがまぶしく感じられたり、いつもいる空間が臭く感じられたり。
自分のカラダの、五感を働かせたくない・・・重くなると、そこまで苦しくなることもあります。

「片頭痛」・「緊張性頭痛」をコントロールする

「片頭痛」・「緊張性頭痛」は、手術的な治療は行いません。
原則的に、飲み薬で発生予防や症状が出た時の治療を行います。
症状の頻度が、年に数回とか1ヶ月に1~2回などの場合には、症状が出た度に治療薬を服用します。
これ以上に頻回で、一週間に4~4回とかほぼ毎日といった場合には、毎日服薬して頭痛の発生自体を起こりにくくする=予防をします。
「片頭痛」・「緊張性頭痛」は、原因を根本的に治療するのが困難と考えられています。
多くの“頭痛持ち”の方々は、治療薬・予防薬を上手に使って、「片頭痛」・「緊張性頭痛」をコントロールしています。

当院における頭痛治療

当院では、頭痛外来は設けておりませんので、診療時間内はいつでもご相談を受けています。
突然発症する頭痛、繰り返す頭痛、いずれのご相談にも応じます。
よくお話をうかがい診察させていただいた上で、何が原因かを診断し、迅速に検査が必要であれば(たとえば脳出血や髄膜炎などが疑われる場合)、当日検査が受けられるよう手配します。
この場合は、地域連携している病院や検査施設への紹介となります。

「片頭痛」・「緊張性頭痛」・「群発頭痛」診断がついた場合には、各重症度の治療に対応するべく、頭痛治療薬すべての処方ができるようになっています。(西洋薬・漢方薬を問わず)

PAGETOP