立川市の内科クリニック,循環器内科・呼吸器内科
・生活習慣病の専門治療,風邪・睡眠時無呼吸症候群 
・頭痛などの一般内科治療,予防接種,市民健診
については是非当院にご相談ください。土曜も診療。
東京都立川市高松町3-28-7
採用情報お問い合わせ

立川市 高血圧症|たちかわファミリークリニック

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

高血圧症

Contents
mobileF.C.東京ホームページ
Google

WWW を検索
tachikawa-fc.jp を検索
ホーム»  高血圧症

ナゼ高血圧が問題なのか?

主要降圧薬の積極的反応

自分がなったらイヤだなと思う病気のひとつに、脳卒中があげられると思います。
多くの場合、脳卒中は突然、発病します。
発病しても後遺症を残さずに治るのは、とてもラッキーなケースです。
脳梗塞で半身マヒを残したり、脳出血・くも膜下出血の場合は短時間で亡くなってしまうこともあります。

さて、生活習慣病の中で患者さんとしての数が多い高血圧。
たとえ軽症高血圧(140~159/-mmHg)であったとしても、脳卒中になる確率は、健常な人と比べ約3倍になるといわれています。
もし重症高血圧(180/-mmHg)であると、7倍以上です。
これを、心筋梗塞・狭心症といった虚血性冠動脈疾患に置き換えてみましょう。
やはり高血圧というだけで、虚血性冠動脈疾患を発病するリスクは3倍になります。
高血圧を放っておくことは、死んでしまうかもしれない病気を自分から引き寄せているになどしい状態。

このことが問題なのです。

当院における高血圧治療

食事指導や、運動療法についてのアドバイスをします。
このため、今の生活の様子(食事内容・間食の有無・運動量など)をおたずねすることがありますので、ご協力ください。
高血圧治療に用いられる代表的な薬剤は、すべて処方が可能です。それまで他院でお薬を出されていた場合でも、当院で同じ内容のお薬を処方できます。
お薬を変えずにすみますので安心です。

お気軽にご相談ください。

PAGETOP