立川市の内科クリニック,循環器内科・呼吸器内科
・生活習慣病の専門治療,風邪・睡眠時無呼吸症候群 
・頭痛などの一般内科治療,予防接種,市民健診
については是非当院にご相談ください。土曜も診療。
東京都立川市高松町3-28-7
採用情報お問い合わせ

立川市 花粉症|たちかわファミリークリニック

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内

睡眠時無呼吸症候群

Contents
mobileF.C.東京ホームページ
Google

WWW を検索
tachikawa-fc.jp を検索
ホーム»  睡眠時無呼吸症候群,いびき

睡眠時無呼吸症候群とは・・・】


睡眠中に無呼吸を繰り返し、様々な自覚症状や合併症を起こす病気です。

定義としては

「 10秒以上続く無呼吸が、一晩の睡眠中(7時間)に30回以上 」

もしくは

「 無呼吸が睡眠1時間に平均5回以上認められ、かつその一部は、

non-REM睡眠の最中にも認める場合 」

とされています。



【好発年齢・性別】

男性では約 3~7%、女性では約 2~5%に認められるとされています。

男性では40歳~50歳代が半数以上と多く、女性では閉経後に増加するようです。




【原因】

空気の通り道である喉頭などの上気道が狭くなることが原因となります。

以前は、肥満症で首まわりの脂肪の沈着が多いと、上気道は狭くなり、

無呼吸が生じやすいとされてきました。

しかし、近年では、扁桃腺の肥大、舌が大きいこと、慢性鼻炎、鼻中隔弯曲といった

上気道の構造的異常も原因になるとわかってきました。

さらに、あごが後退している、あごが小さい、といったことも原因となるようです。

つまり、肥満でなくても睡眠時無呼吸症候群になるのです。



【症状】

睡眠中のいびき無呼吸ないしは低呼吸、日中の眠気や起床時の頭痛、

夜間の頻尿などがあげられます。

日中の眠気により、作業効率の低下や居眠り運転事故などをまねく労働災害の

原因となるため、社会的に問題となっています。



【合併症】

高血圧、糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞や心不全などの心疾患、脳血管疾患の

リスクとなります。

高血圧、脳卒中、心筋梗塞などが発症する頻度は健常人より3~4倍高くなるとされています。

特に重症例では、心血管系疾患発症頻度が約 5倍になるといわれています。



【診断】

簡易検査や睡眠ポリグラフ検査(PSG)にて、睡眠中の呼吸状態の評価を行います。

1時間あたりの無呼吸低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI)が

5以上であり、かつ上記の症状を伴う場合に睡眠時無呼吸症候群と診断します。

その重症度は、AHI 5~15を軽症、 15~30を中等症、 30以上を重症 としています。



【治療】

無呼吸低呼吸が20以上で、昼間の眠気など自覚症状を認める睡眠時無呼吸症候群では、

経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous posi-tive airway pressure:CPAP)が標準的な

治療です。

CPAPは、マスクを介して持続的に空気を送ることで、狭くなっている気道を広げることを

目的とします。

マスクに慣れは必要ですが、きちんと使えれば、自覚症状を改善させる効果としては

確実な方法です。

他に、下あごを前方に移動させる口腔内装置(スリープスプリント)を使用して治療する

場合もあります。

小児の睡眠時無呼吸症候群では、アデノイド・扁桃腺肥大が原因であることが多いため、

これらの手術が有効とされています。

PAGETOP